2006年05月31日

山内一豊ユニットのエラッタ

GJ19「スターリングラード強襲」キター!

オプションユニットの一豊だが
何故か生駒という文字が上端に。

おまえ、いつのまに生駒になったのか・・・。

ということで、生駒は間違いですね・・・。
posted by かげ at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

功名が辻と関ヶ原強襲(その2)

GJ19に、関ヶ原強襲用の山内一豊ユニットが
掲載予定!
使用ルールもついている。

大河ドラマ便乗商品である(笑)

全国の一豊ファンは買ってくれるものと信じている(嘘)

てゆーか、そんな椰子おらへんやろ。
posted by かげ at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

ポストホビー渋谷&イエローサブマリン新宿

ポストホビー渋谷

久しぶりに行ってみた。
前から既にミニカーショップになっている。
GJとCJの最新号があった。
CJのシシリーは、表紙見せ形式で相当置いてあった。
クルスク(SA)も。

関ヶ原強襲も1冊はあった。


イエローサブマリン新宿

関ヶ原強襲は2冊。
項羽と劉邦は1冊。

国産、海外ウォーゲームはなかなか充実。
posted by かげ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

GJ19号

次号は、スターリングラード強襲ということだ。
これでGJの「強襲シリーズ」は三作になる(笑)
旅順港と関ヶ原とスターリングラードだ。

ちなみにわしは現物を見たこともない。

カードプラスSOAシステムということで
期待が持てそうな感じだ。
中村氏だから、それなりのものに仕上げてくる
であろう。
2時間で決着がつくというのも興味深い。
posted by かげ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

功名が辻と関ヶ原強襲(その1)

残念ながら関ヶ原強襲には
山内一豊は登場しない。
史実では南宮山の抑えに回っていたからだ。

一豊は物理的には戦っていないが
戦場で「敵」と対峙していたという点で
軍事的行動として評価できるであろう。

戦後の加増も多い。
もっともこれは戦功だけが理由ではないようだが。
posted by かげ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

渋谷ポストホビーと新宿イエローサブマリン

久方ぶりに渋谷に行った(笑)
パルコに行こうとしてちょっと迷った(笑)
マークがポストホビーに変わっていた。
内装も変化。

ウォーゲームはあまり置いていなかった。
関ヶ原強襲は7,8冊くらいあった。
CJの最新号はなかった。
ぬう、売れていないのか、いるのか・・・。

新宿イエサブにも行ったが、棚卸し。
明日以降はオープンということだ。
posted by かげ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

ビクトリー・イン・ザ・パシフィック(AH)

1/2に、某日帰り温泉にて、E氏と対戦。
混雑の中、プレイに熱中していたら、店の人と客に注意されてしまった。
他に空いている席がない状態でのプレイはさすがにまずいだろう。
よゐこの皆さんは決して真似しないでください。
日曜はだいたい混むと思われるので、土曜なら可能かどうかといったところ。
あるいは土曜に2時間以内に終わりそうなゲームのみにするとか。

E氏(日本軍)、わし(連合軍)

真珠湾では、米軍が史実以上の損害を受ける。
米軍は巡洋艦ばらまき戦術を開発し、日本軍も真似る。
日本軍はセイロン攻略戦を発動し、連合軍も全力で反撃する。
両方とも航空攻撃の目がすかり空母はあまり沈まず・・・
といったところで注意を受けて撤収。

後から考えると決戦はしない方が良かったような気が。
日本軍必敗かも。

ルールは少ないのだが、よくわからなかった。
ちょっとわかりにくいルールだと思う。
またHJ翻訳ルールに訳漏れをひとつ発見した。

セイロンのエリアが日本軍支配になった場合、英軍はどうなるのだろうか。

多少、おかしな点はあるが、傑作と感じた。
リアリティの点ではGJのゲームに分があるが、お手軽さではこっちが上。
またプレイしたい。
posted by かげ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

関ヶ原強襲Q&A

Q:退却する場合、できるだけ進入してきたエリアに退却するのか?
A:いいえ。入ってきたエリアは考慮せずに、退却の時点で判断して、優先順位に従って退却してください。

Q:随伴移動で、武将に移動させられる他家の部隊は、行動大名の部隊である必要があるのか?
A:ありません。

Q:敵の裏の部隊と味方の部隊がいるエリアに移動する場合、消費移動力はいくつか?
A:3です。

Q:井伊隊は、最初から、準備射撃できるのか?
A:はい。井伊隊は、行動チットが途中から選択可能になりますが、
その他に制約はありません。

Q:小早川は、参戦するターンになれば、東軍として扱って良いのか?
A:いいえ。小早川は、参戦するまでは、東軍ではないので、何もできません。

Q:島津の鉄炮隊は、西軍射撃チット(西軍チット)を使用すれば、射撃できるのか?
A:はい、可能です。
posted by かげ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

GJ17 関ヶ原強襲!(仮称)

関ヶ原強襲 STORM OVER SEKIGAHARA

gj17cover.jpg

G17nise.JPG
(GJ15をもとに作成した捏造表紙)

2005年12月1日発売予定 3780円(本体3600円)
(株)シミュレーション・ジャーナル社発行

ゲームの名前は「関ヶ原強襲!」になった模様。
わし的には、「!」はない方が良かった。

なお以下はGJの公式見解ではなく、あくまでもわし個人の意見の表明
ということを明記しておく。

関ヶ原合戦のハイライト、当日の合戦を描いた合戦級ゲーム。
合戦級ゲームとしては珍しく、エリア制を採用している。
数多くの戦国大名・侍大将が登場する。

松田大秀先生によるカウンターイラスト。

システム:SOAシステム+ChDS

DATA BOX
テーマ:1600年9月15日の関ヶ原合戦
カウンター数:198個
ユニットサイズ:15mm
マップ:1枚
プレイシート:1枚
ゲーム期間:1ターン約30分/10ターン
プレイヤー数:2人
プレイタイム:4〜6時間
難易度:3
ルール頁数:7P予定(8P目は、カウンターシートの表面)


特集記事(予定)
・リプレイマンガ
・リプレイ
・デザイナーズノート
・プレイヤーズノート
・Q&A
・選択ルール
・関ヶ原ブックガイド

(歴史記事)
・「戦国最大の決戦」
・関ヶ原合戦の読み方を考える
・武将列伝
・小早川、吉川、島津の事情
・これが秀秋の生きる道

SOS050924.jpg
(テストプレイ画像:マップはプロトタイプ。ユニットは製品版と同一。)

手順表
・チット選択期
・準備射撃期
・行動期
・回復期
・白兵戦期
・休養回復期
・再編成期

Game features

Chit driven syetem
Area system
Command control
Prepared Fire 準備射撃
Fire combat 射撃戦
Assault 突撃
Close combat 白兵戦
Retreat 退却
Rally 回復
Reform movement 再編成
Unit type: Lord, Samurai Leader, Lancer, Gunner, Archer
部隊の種類:大名、侍大将、槍隊、鉄炮隊、弓隊
Big Gun 大筒
Fence 柵
Betrayers 内応大名
No fight lord 島津の不戦

Everything included in a 7 page rulebook!
posted by かげ at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

TGWIE@千葉会

グレート・ウォー・イン・ヨーロッパ(YD)を千葉会にお邪魔してプレイ中。
明日もプレイ予定。
現在、戦略ターンF(厳密には、次の作戦ターンの新規ユニット配置までほぼ終了。)
(でも、やっぱり一部英軍の置き直しをしたい・・・・。)

5人プレイ(イタリア担当はASL戦線に転属か?)

陣営

西独:金吾さん
東独:yagiさん
AH:

露:
英仏:わし

念願の英を担当させてもらった。
仏は別の人がやる予定であったが・・・・。
やはり英軍は強い。
奪われた資源ヘクスを全て奪回した。
メッツ陥落。
英は毒ガスを使用するが、国際社会の非難を受け
1VP失う。
イタリア参戦。

東部戦線では、ワルシャワ陥落。
露が守勢に立っているが総崩れまでは到っていない。
ベルグラード陥落。
セルビア軍敗走中。
ブルガリアは同盟側で参戦した。

セルビアチフス発生。

2日目

セルビア方面は小康状態。
RP余剰気味であった英仏は、ガリポリ上陸作戦決行。
仏1部隊のみが上陸。

英仏の怒濤の物量作戦によって、ドイツは首都前面まで追いつめられた。
西独のモラル崩壊で終了。
このゲームは、やはり西独が難しいようである。

とても面白かったので、機会があればまたプレイしたい。

ビクトリー・アト・シー(CJ別冊)

英軍:K氏
独軍:わし

英軍勝利。
ほぼ完璧に封じ込まれた。
うーむ、ドイツは難しいのではないであろうか・・・・。

PS
帰宅後気づいたのだが、実は関ヶ原強襲を携行していた。
テストプレイしてもらえば良かった・・・・。
posted by かげ at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | プレイ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。