2009年08月28日

ゼロシリーズとは

ゼロシリーズとは、ルールの習得が29秒以内、プレイ時間29秒以内、コマ数4個以内を目標としたウォーゲームのシリーズです。

こういったものの先駈けは、GDWの120シリーズだと思います。
近年では、GJが60シリーズ、30シリーズを出しています。
また同人で、コマ数2駒のゲームというものがあるようです。
これを上回る(下回る?)ものを制作したいというコンセプトから、
ゼロシリーズが生まれました。
恐らく、世界初の、世界最小のものではないかと思います。
(ゼロシリーズ「関ヶ原」を上回るためには、コマ数をマイナスに
しなければならず、私は理論的に不可能だと思いますが、方法はあるでしょうか?)

ゼロシリーズの第1弾は、「関ヶ原」です。
ゲームはコマンド誌には送付済みですが、スペックを少しだけ
ここで後日紹介する予定です。

尚、本シリーズの名称は、実在の団体・組織等といかなる関係もありません。
posted by かげ at 21:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

ゼロシリーズ関ヶ原、CJへ投稿

ゼロシリーズ関ヶ原を何とか締切に間に合わせて
コマンドマガジンへ郵送。

編集部から、受領のメールをもらった。

超絶シミュレーションである。
何とか、クロスレビューしてもらえるといいのだが。
気になる君は、コマンド編集部にレビュー要請のメールをしよう!

本当は、カラフルにするつもりだったが、以下の事情で断念。

認めたくないものだな
純正インク代が惜しいが故の
インク残量検知機能無効のためインク切れに気づかずに
カラー印刷できないことを
posted by かげ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

関ヶ原強襲リプレイ

「もりつちの徒然なるままに」にて
画像付きでリプレイがされている。
(なお、もりつち氏の歴史知識には驚嘆

http://blogs.yahoo.co.jp/mk2kpfb

(上記BLOG内で、関ヶ原で検索すると見つかるはず)

だいぶ高評価いただいたようで恐縮である。

興味深い問題提起をいただいたので
コメントする。
(斜体は、氏のブログからの転載である。)

(1)当事者達の心理状況を再現したとは言えない。

根元的には、再現不能としか言えない。
(プレイヤーは、ルール・史実を知っている。)

なお関ヶ原強襲はCtDSで一部再現していると考えている。


(2)歴史通りの展開を実現することが、果たして歴史的に正しいシミュレーションと言えるのだろうか?。

わし自身は、関ヶ原強襲を「歴史的に正しいシミュレーション」と
捉えているわけではないが、上記設問に関してはYESと返答する。
ただし、必ずしも歴史通りにしかならないのが正しいと
考えているわけではない。

なお何故関ヶ原強襲(史実)の展開があのようなのかは
GJ記事に書いたつもりではある。


(3)「裏切り」がない「関ヶ原」なんて「関ヶ原」じゃない。

これについても、GJ記事に書いたつもりではある。

わし的には、「裏切り」があるのは歴史的には正しくない。

特に、関ヶ原強襲は合戦が既に開始されているという点を
留意していただきたい。
posted by かげ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

山内一豊ユニットのエラッタ

GJ19「スターリングラード強襲」キター!

オプションユニットの一豊だが
何故か生駒という文字が上端に。

おまえ、いつのまに生駒になったのか・・・。

ということで、生駒は間違いですね・・・。
posted by かげ at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

功名が辻と関ヶ原強襲(その2)

GJ19に、関ヶ原強襲用の山内一豊ユニットが
掲載予定!
使用ルールもついている。

大河ドラマ便乗商品である(笑)

全国の一豊ファンは買ってくれるものと信じている(嘘)

てゆーか、そんな椰子おらへんやろ。
posted by かげ at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

功名が辻と関ヶ原強襲(その1)

残念ながら関ヶ原強襲には
山内一豊は登場しない。
史実では南宮山の抑えに回っていたからだ。

一豊は物理的には戦っていないが
戦場で「敵」と対峙していたという点で
軍事的行動として評価できるであろう。

戦後の加増も多い。
もっともこれは戦功だけが理由ではないようだが。
posted by かげ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

渋谷ポストホビーと新宿イエローサブマリン

久方ぶりに渋谷に行った(笑)
パルコに行こうとしてちょっと迷った(笑)
マークがポストホビーに変わっていた。
内装も変化。

ウォーゲームはあまり置いていなかった。
関ヶ原強襲は7,8冊くらいあった。
CJの最新号はなかった。
ぬう、売れていないのか、いるのか・・・。

新宿イエサブにも行ったが、棚卸し。
明日以降はオープンということだ。
posted by かげ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

関ヶ原強襲Q&A

Q:退却する場合、できるだけ進入してきたエリアに退却するのか?
A:いいえ。入ってきたエリアは考慮せずに、退却の時点で判断して、優先順位に従って退却してください。

Q:随伴移動で、武将に移動させられる他家の部隊は、行動大名の部隊である必要があるのか?
A:ありません。

Q:敵の裏の部隊と味方の部隊がいるエリアに移動する場合、消費移動力はいくつか?
A:3です。

Q:井伊隊は、最初から、準備射撃できるのか?
A:はい。井伊隊は、行動チットが途中から選択可能になりますが、
その他に制約はありません。

Q:小早川は、参戦するターンになれば、東軍として扱って良いのか?
A:いいえ。小早川は、参戦するまでは、東軍ではないので、何もできません。

Q:島津の鉄炮隊は、西軍射撃チット(西軍チット)を使用すれば、射撃できるのか?
A:はい、可能です。
posted by かげ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

GJ17 関ヶ原強襲!(仮称)

関ヶ原強襲 STORM OVER SEKIGAHARA

gj17cover.jpg

G17nise.JPG
(GJ15をもとに作成した捏造表紙)

2005年12月1日発売予定 3780円(本体3600円)
(株)シミュレーション・ジャーナル社発行

ゲームの名前は「関ヶ原強襲!」になった模様。
わし的には、「!」はない方が良かった。

なお以下はGJの公式見解ではなく、あくまでもわし個人の意見の表明
ということを明記しておく。

関ヶ原合戦のハイライト、当日の合戦を描いた合戦級ゲーム。
合戦級ゲームとしては珍しく、エリア制を採用している。
数多くの戦国大名・侍大将が登場する。

松田大秀先生によるカウンターイラスト。

システム:SOAシステム+ChDS

DATA BOX
テーマ:1600年9月15日の関ヶ原合戦
カウンター数:198個
ユニットサイズ:15mm
マップ:1枚
プレイシート:1枚
ゲーム期間:1ターン約30分/10ターン
プレイヤー数:2人
プレイタイム:4〜6時間
難易度:3
ルール頁数:7P予定(8P目は、カウンターシートの表面)


特集記事(予定)
・リプレイマンガ
・リプレイ
・デザイナーズノート
・プレイヤーズノート
・Q&A
・選択ルール
・関ヶ原ブックガイド

(歴史記事)
・「戦国最大の決戦」
・関ヶ原合戦の読み方を考える
・武将列伝
・小早川、吉川、島津の事情
・これが秀秋の生きる道

SOS050924.jpg
(テストプレイ画像:マップはプロトタイプ。ユニットは製品版と同一。)

手順表
・チット選択期
・準備射撃期
・行動期
・回復期
・白兵戦期
・休養回復期
・再編成期

Game features

Chit driven syetem
Area system
Command control
Prepared Fire 準備射撃
Fire combat 射撃戦
Assault 突撃
Close combat 白兵戦
Retreat 退却
Rally 回復
Reform movement 再編成
Unit type: Lord, Samurai Leader, Lancer, Gunner, Archer
部隊の種類:大名、侍大将、槍隊、鉄炮隊、弓隊
Big Gun 大筒
Fence 柵
Betrayers 内応大名
No fight lord 島津の不戦

Everything included in a 7 page rulebook!
posted by かげ at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

関ヶ原レビュー記事

関ヶ原強襲のレビュー記事を売り込んだが
採用とはならなかった。
色々と諸事情があって、難しいようである。
残念!
posted by かげ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

関ヶ原2号機落札さる

ちょっと前の話になるが、密かに(笑)、ヤフオクで出品していた
ストームオーバー関ヶ原2号機が落札された!

落札していただいた方に感謝。

価格設定が高めであったために、落札は相当厳しいと覚悟していた。

実は、3号機もあるのだが、これは亜種なので、厳しいだろう。

SOS_YA_050927.JPG
(2号機画像)
posted by かげ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

関ヶ原強襲・表紙

モリシゲキター
カトーゴーキター
ミフネキター

(美佳さんではない by 京子さんではない、わし)
posted by かげ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

関ヶ原ルール第44版

改訂した。

文中に、jeという無用な文字が入っていた(^^;
何らかの拍子で無変換になり、紛れ込んだようだ。
ついでに、色々と表現を変更・修正・加筆した。
内容は変わっていない。

さすがに、この版で打ち止めとなった。
posted by かげ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

関ヶ原ルール第42,43版

まだ少し時間があるということで、改訂した。
基本的に、小規模修正のみ。

ゲーム名は、漢字5字か?
1週間以内にわかるような感触だ。
posted by かげ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

関ヶ原ルール第41版

最後まで修正が入ってしまった。
凍結して寝かせるのが基本なのだが。
いかん。

あとは、誤字脱字レベルの校正しかできない。

一応、これで一段落。

ゲームの名前が変わるかもしれない・・・・。
posted by かげ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

関ヶ原(GJ17)テストプレイ記録

GGG横浜にお邪魔してテストプレイ。

第1回

東軍:S氏
西軍:わし

第5ターンくらいまでプレイ。

第2回

ソロプレイ

第6ターンくらいまでプレイ。

東軍に運が偏り、東軍やや優勢だったと思う。

第3回

東軍:U氏
西軍:わし

第4ターンくらいまでプレイ。

西軍が堅すぎるのではないかという指摘を受けた。

また、チットドリブンというか、強制終了システムは
理不尽ではないかという意見が寄せられた。

東軍有利となる選択ルールを数種類用意する予定である。

このあたり最終的にはユーザーサイドのお好みの味付けで
食してもらうしかないのではないかと考えている。

もちろん、基本線で、料理人の方で、素でおいしい状態で
出さなければならないのだが。
(「で」が、多い・・・・。)

YSGA東神奈川にて

東軍:わし
西軍:U氏

東軍の巡り合わせが良く、西軍を圧倒。
これが逆になると西軍の勝ちパターンになる。
笹尾山を巡る死闘となった。

10月 K氏宅にて

東軍:K氏
西軍:わし

またも東軍によって笹尾山が半分回避されてしまった。
東軍には笹尾山が難攻不落に見えてしまうようだ・・・。
序盤は東軍のチットがいまいち。
笹尾山は落ちないかと思われた。
しかし家康本隊が急襲し笹尾山を落とす。

最終ターンにVPエリア2つとも落ちれば
東軍の勝ちとなったが、2つとも西軍が維持。
引き分けとなった。

10/30 K氏宅にて

東軍:I氏
西軍:わし

初取り組み。
I氏は、K氏よりは本ゲームに不慣れのようである。

K氏により、姑息な、テクニカルな東軍移動法が
開発された。
(実は先にS氏が同じ機動を行っていたが)
一応、デメリットもあるが、確率上相当有効である。

西軍もここに来て白兵戦時の新戦法を開発し
それもあってか西軍の勝利になった。
新戦法と言っても既存のものの応用にすぎないが。

東軍優勢と思っていたが、ちょっと微妙になってきた。
まだ、ちょっと東軍優勢かと思うのだが・・・・。
posted by かげ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

関ヶ原ルール第40版

改訂した。
某氏の指摘により、バグ性の高いものが除去できた。
助かった。

もう後はバグ取りのみを行うこととする。

この版で打ち止めの予定だったが、明日最終変更を行う予定。
むう。
posted by かげ at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

関ヶ原のターゲットユーザー

ターゲットユーザーというと
なんだか売る側の視点感バリバリだが
要はどんなゲーマー向けであるかということで。

以下のようなゲーマーに向いていると考えている。

■関ヶ原ファン

やはり、このゲームは関ヶ原の戦いのゲームなのだから
関ヶ原ファンに一番受け入れられると思う。
特に9月15日の合戦当日の戦いに関心がある人向き。

■戦国合戦ファン

戦国合戦のゲームなので当然戦国合戦ファン向き。

しかし合戦ゲームというのは、なかなか難しいものだと思う。
例えば歴史小説の中で展開される戦いの様相が
うまくゲーム内で表現されているかどうか。

本作は、色々特色があるが、退却(敗走)というものに
焦点を当てている。
損害を受けて、退却を無視することもできる。
その辺りの退却するか損害を受けるかの判断が
ゲームの肝になるはずだ。

■SOAシステムファン

本作の基本システムは、SOAシステムである。
ごく大雑把に言うと、BKNのシステムに
SOAの白兵戦を加えたようなものである。
SOAシステムのファンであれば、ルールの理解は
容易であり、楽しめるゲームだと思う。
posted by かげ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

ストームオーバー関ヶ原ルール第39版

ルール改訂をした。

マップ、チャートにあわせて、用語の変更。
明確化。
バグ取り。

次の改訂はあるとしても、小規模になるであろう。
posted by かげ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

GJに記事送信

関ヶ原のゲーム関連記事をGJに送信した。
結構しんどかった。
HDDが死んで、書きためておいたネタが消失したのも
痛かった(デルにはHDDを没収されるし、金払って買ったのに)。
まあ、だいたい復活できたはず。
posted by かげ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。