2009年06月26日

超絶初級者

わしの知る限り、超絶初級者はわしが最初に使用した用語である。
従って、使用権はわしにあると思うが、そもそも一般名詞を2つ
つけただけなので、法的権利は生じないはずだ。
(商標等で保護を受けるようになれば別)
もしそんなことが許されるのであれば、大混乱に陥り、
文を書くのに大きな制約が課せられることになる。
普通の人間であれば、こういった語に使用権は存在しないと
解すると思うが、世の中には恐るべき人間がいる。
彼らは、使用権が存在すると主張するのである。
正気であるとは思えない。
そんなものがあるというのならば、彼らも各種用語は今後
使用しないで、文章を構成して欲しいものである。
ウォーゲーム、シミュレーションゲーム、SLGを使わないとかね。
posted by かげ at 04:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

コマンドマガジン・同人企画に投稿

CJの同人ゲーム企画に投稿した。
色々な意味でグレイゾーンの「ゲーム」なので
どうなることか。
なおブツは、ゼロシリーズの関ヶ原だ。
体裁をそれなりにキッチリできたら、販売も検討している。
コミケではどなたかに委託して販売するというのも考えている。

編集部から(丁寧な)返事がキターーー!
販売形態になっていないとだめだということだ。
中身は一緒なんだけどね。
外見を整えないと。
ということで出直しだ。
むう。
posted by かげ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

山猫歴史研究会2008.10.19

長篠を目指して午後到着(道に迷った(笑))。
しかし長篠はだいたい完成とのことで、当日はなし。

サイパン戦車戦(WZ)
VS 宮永氏
3回対戦、すべて日本軍勝利

チンギス西征記(CJ)
1回目 宮永氏=反モンゴル、わし=モンゴル(インストプレイ)
2回目 Trigun氏=モンゴル、宮永氏=反モンゴル、わし=反モンゴル参謀
3回目 れっど氏=モンゴル、わし=反モンゴル

モンゴルがホラズムの王族を倒すのが困難でモンゴル不利なような気も
するが、中央を早期突破できるのであれば、そうもでないのかな。
posted by かげ at 23:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

山猫歴史クラブ2008.9.28

相当ひさしぶりにゲームクラブに参加した。
WZの長篠、古代戦も面白そうだった。

1.パノラマ関ヶ原(WZ)
わしの希望通り、パノラマ関ヶ原をプレイすることができた。
宮永さんにインストしてもらった。
(宮永さんは、典型的2chねらーと想定していたのだが
意外と好青年でびっくり。)
宮永氏が西軍で、わしが東軍。
序盤に最強の一人の才蔵を失い、少しブルーになる。
途中4将と小早川が東軍に参戦。
12ターン、山を進撃した黒田隊が三成を除去。

2.北斗の拳(ツクダ)
3戦3連敗。
posted by かげ at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

TGWIE1917(YD)シナリオメモ

(シナリオ)
独軍のセットアップ指定であるが、指定よりユニットが5個足りないようである。
カラーコピーと照合したが数が合わなかったため、間違いないと思われる(指定の数はGMTのプレイブックも同じ)。
よって独軍は、いずれかの戦線の指定から任意の5ユニットを
減少させてセットアップする(ローカルルール)。

(展開予想)
脳内シミューレーションを行った。
1915年あたりと違って連合軍が相当苦しそうである。
スチームローラーと形容される英の赤備えではあるが
HLラインから海岸までの独防衛線に対して
関ヶ原合戦の序盤の東軍のように苦戦しそうである。
(なお歴史的にその展開で正しいようだ。)
フランスは攻勢に出れるが、独軍も戦力を集中して逆襲が可能
と思われ、攻勢に出ると言うよりは防御体制を取る必要があるかも
しれない。
後は、某関ヶ原強襲のように、チットが展開を左右する。
チットが来れば、黒いSSユニットが灰色の独軍とともに
連合軍の戦線に対して「バルジ」大攻勢をかけれるはずだ。
そして史実のバルジと異なり、かなりの長期間にわたって攻勢が
継続されるはずである。除去されると普通の人になっちゃうんだけどね。


(ルールメモ)
ロシアの部隊は、緑色の1−3と1−2−3をセットアップできるようです。
ちょっと曖昧な感じですが。

川は凍結しないんですね(防御シフトは常時適用)。

あとANZACは、やはりASも含みます。
従って英軍も1914開始あたりと違って、凶悪さが緩和されると思います。
ドイツはANZACを狙って、消耗戦を仕掛けてもいいかもしれません。

OHL/Ostは、ドイツ軍ユニット上に置いて上で2ヘクスのLOSが引ける必要があります。
突出部を挟み込むような形で攻撃するような場合
それは不可能ですので要注意です。

H-Lラインは2シフトの大要塞!
+1の固有戦力もあるということですね。

イタリア戦線では常に移動力2倍(半減しない)。
最初の突撃兵チットか補充可能な連合軍戦車チットが出ると
全戦線で移動力半減しない。

トルコはE1124を支配されると崩壊する。

AHは、トルコとブルガリアが崩壊すると崩壊する。

ブレストリトフスク条約はロシア国内でのみ発効する。
よって条約締結後も移動によって、ロシアのVP都市を奪取する
ことが可能である。
ルーマニアは戦争を継続する。

(同盟側作戦案)
SETUPイタリア空城の計

SETUPリガ強襲作戦

戦略移動でイタリア戦線に、9〜12個のAHユニットを送り込む。
できればSUDと3-4-4トルコをサロニカへ投入したい。
(国外なので12ユニット相当を移動可能)




posted by かげ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

TGWIE(YD)のバランス

ルール解釈やプレイ方法が間違っているかもしれない。
結論は、ドイツが相当苦しい。
理由としては、ロシアが崩壊しないために
ドイツは両面作戦を強いられ、消耗戦になるからだ。
(このあたりできれば後日加筆したい。)

ただ先日1917シナリオをやってわかったのだが
1917シナリオ以降であれば、むしろドイツが現在のところ有利と思う。
1917シナリオではロシアは弱体化しており、毎戦略ターンのチェックで
5割の確率で崩壊する。
崩壊と言ってもただちに消滅するわけではないが。
突撃兵チットが2枚で攻勢が開始されれば
ドイツは相当攻めれるはずだ。
posted by かげ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

TGWIEルール

TGWIE(YD)のルールのメモ。

■戦略移動
西ヨーロッパの盤端から東ヨーロッパの盤端へ(およびその逆)
盤端同士が繋がっているものとして戦略移動できる。

※これは日本語ルールを読むとそうは読めないが
(今まで、そう解釈してプレイ)、英文ルールを読むと
上記が可能と読める。GMT版では図入りで可能と明示。
(出版社の見解未確認。ただし特に問題ないと思われる)

■HQの支援
HQの支援は、戦闘比を見た後に指定できる。
(デザイナーTed Racerによる回答)

■戦闘後前進
補給切れになるヘクスへ戦闘後前進不可
(出版社へ確認済み。)
移動できないのだから、戦闘後前進できないということで
論理的に問題ない。

■両軍補給判定の謎
フェイズプレイヤーのユニットの補給判定(除去チェック)は
事実上ありえないのでルールの存在意義は不明と思われたが
HQのみで補給がつながっている場合にそのHQが移動して
除去される可能性があることが判明した。
わし的には、この場合「待った」でHQか除去ユニットを
移動した方がいいと思うが厳しくプレイするならば除去になり
ルールの意味がある。
他に適用される状況はあるのだろうか。

posted by かげ at 23:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

GJ21

GJ21S.jpg

GJ21キター。
上野戦争はプレイ時間30分!
posted by かげ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

GJに新作ゲーム投稿

わしの第2作目を投入した。

しかし、どうもN編集長の反応が悪いようだ・・・。

わし的には
・超簡単なルール
・超短時間プレイ
・驚異的シミュレーションモデル(笑)
という長所を有するゲームである。

でも、あれはウォーゲームではないという指弾を
受けるかもしれない(笑)

また、ある種のシミュレーション性は高いかもしれないが
ゲーム性は低いのは認めざるをえない。
そもそもゲーム性は超越した視点ではあるが。

このまま、闇に葬られてしまうのであろうか・・・。

GJには善処をお願いしたい。
posted by かげ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GJ討論会(?)に参加

先日、某所でGJの討論会(?)に参加した。
話の内容をネタに記事にするということである。
どんな記事になるのか、楽しみである。
posted by かげ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

ポストホビー渋谷&イエローサブマリン新宿

ポストホビー渋谷

久しぶりに行ってみた。
前から既にミニカーショップになっている。
GJとCJの最新号があった。
CJのシシリーは、表紙見せ形式で相当置いてあった。
クルスク(SA)も。

関ヶ原強襲も1冊はあった。


イエローサブマリン新宿

関ヶ原強襲は2冊。
項羽と劉邦は1冊。

国産、海外ウォーゲームはなかなか充実。
posted by かげ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

GJ19号

次号は、スターリングラード強襲ということだ。
これでGJの「強襲シリーズ」は三作になる(笑)
旅順港と関ヶ原とスターリングラードだ。

ちなみにわしは現物を見たこともない。

カードプラスSOAシステムということで
期待が持てそうな感じだ。
中村氏だから、それなりのものに仕上げてくる
であろう。
2時間で決着がつくというのも興味深い。
posted by かげ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

「○○協力」とは?

GJのルールクレジットには、「ルールチェック協力」
というものがある。
「協力」とは何だろうか?
これは、婉曲的表現で、その行為を絶対視していない
という意味付けがある。
具体的には、「ルールチェック協力」に関して言えば
ルールチェック者がチェックしたからと言って
色々な理由により、それがそのまま反映されるとは
限らないのである。

「テストプレイ協力」も同様である。

ストームオーバー関ヶ原のテストプレイには、
多数の方の協力を得ることができたが、
ゲーム内容等に関する責任は全てわしと一部GJにある。
テストプレイヤーの指摘・意向が必ずしもそのままゲームに
反映されているわけではないのである。

なお、以上の見解はわし個人のモノで、
GJやその他の個人・団体の意見ではないということを
お断りしておく。
posted by かげ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

引き分けの割合2 (コメントの代わり)

後で修正が楽そうなので、記事にて書く。

サッカーの引き分け狙いの戦略のようなものが成立しても
悪くはないと思う。
要はゲームでどのように反映されているかだ。

引き分け戦略が有効なためにゲーム展開が問題になるようで
あれば、引き分けはなくした方がいいだろう。
しかし全てのウォーゲームで問題になるとは
断定できないのではないか。

例として適当かどうかわからないが、サッカーでも引き分けがある。
もし問題であるのならば、必ず決着がつくようにすべきだし
可能だと思う。

日本のプロ野球では引き分けがあるがあるが特に問題には
なっていない。
posted by かげ at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

パウルス第6軍(SA)のQ&A

パウルス第6軍(SA)のQ&AをUPした。

http://wargame.blog8.fc2.com/blog-entry-30.html
posted by かげ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

1918プレイ前研究

とりあえずルールを読んだり並べたりして研究してみる。
「ソリテア・パパス」のHPと掲示板が参考になる。
ぱっとルールを読んだ限りでは面白いかどうかわからなかった。
両軍の駒を並べて作戦を考えているうちに面白さに気づく。

独軍は、攻勢軸と攻勢方法を決定しなければならない。
それに対して連合軍は部隊を引き抜いて対応する。

浸透移動のルールが絶妙だ。
これによってプレイヤーは直接叩くのか、間接的に行くのか、
消耗戦を挑むのか、選択することになる。

なかなか期待できそうだ。
posted by かげ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

信長包囲戦(GJ14)の記事の誤り

わしの書いた記事で誤りがあったようだ。
(GJ15最終頁参照)
恥ずかしい。
基本的な数値を間違えたようであり、反省。

GJ15、79頁に3分の1頁程度で「信長包囲戦」のQ&Aあり。
posted by かげ at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

ルール解釈

ルール解釈と一口に言っても、様々な困難を伴う場合がある。
特に問題なのは、解釈が分かれる場合だ。

(ルールが不適切であるために、解釈が分かれるのはまだ良い。
なぜなら、不適切であるということで見解が一致し、そこから改善に向けての
何らかのアクションを取れるからだ。)

お題とするのは、一方がルールが問題であるとし、他方が問題ではないと主張するケースである。

大部極端だが、例を挙げると憲法9条がらみの問題がある。
明らかに違憲だが、合憲だとする人々がいる。
あれだけ明白なものが合憲であるならば、何でも通ってしまう。
ルール解釈がぐちゃぐちゃの具体例である。

ちょっと極端すぎて、比喩としては適切ではなかったようだが
全く同じルールを読んでも異なる見解が出て、双方が自分の見解が正しく、相手が間違っていると
言う場合がある。
いくら説明しあっても合意には至らない。

まあ水掛け論のようなものだとも言えるだろう。
ただ水掛け論とは違って、正しい解釈はひとつである場合が多い。

正しい解釈が複数であるならば、今度はルールが問題であるということだ。
posted by かげ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

HLGプレイ記録

2003 K氏にインストしてもらう
2004 黄金週間 3人戦 猿遊会 独軍勝利
   黄金週間 2人戦 YSGA 独軍勝利
   12月  3人戦 YSGA 独軍勝利
2005 黄金週間 3人戦 猿遊会 独軍勝利 ※HLG改
posted by かげ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

信長包囲戦Q&A(修正バージョン)

修正バージョン

>> Q:中立軍のいる中立支配エリアに配置された本願寺軍団は、
>> 中立軍を無視して、別のエリアに移動できるか?


 無視できません。


>> Q:軍事値4を使用した突撃命令カードによる継続戦闘で、
>> 追加戦闘を行った場合、軍事値4を使用して戦闘解決できるか?


 追加戦闘中も「突撃命令」は有効ですので、原則として軍事値4
を使用します。


>> Q:瀬戸内海を越えて、調略は可能か?


 可能です。


>> Q:瀬戸内海は、矢印方向にのみ移動できるのか?


 矢印で結ばれたエリア間でのみ移動可能です。


>> Q:5-2に関して。「@自軍」は、どのような規準で
>> 「自軍」かどうかを判断するのか?


自軍とは支配していた側を意味する。
posted by かげ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。