2008年09月15日

TGWIE合宿2008.9/13-9/14

A氏宅にて、TGWIE合宿を行った。
シナリオ:1917

事前の脳内シミュレーション通りには展開せず、あらためて
対戦の良さを感じた。
やはり1人の力、アイデアでは限界があるというものだ。
今回も担当戦区をローテーションで回した。

同盟担当:Kt氏(初日。TGWIE初プレイ)、Ng氏(2日目)、Sn氏、わし
連合軍担当:Bn氏、Sn氏、Y会長

1-3ターン
サイコロで担当戦線を決定。
新兵のKt氏はロシア戦線を担当。
フランス戦線はSn氏が担当。
わしはイタリア戦線とサロニカ戦線の連合軍を担当。
イタリアのセットアップは事前に考えておいたのだが
想定を上回る攻勢を受ける。
イタリアの山岳歩兵と増援の仏山岳歩兵の浸透を許す。
ロシア戦線は革命を起こすために死んだふりをする。
50%の確率で革命が起こるからだ。
その間に続々と戦線から部隊を他戦線へ送り込む。
フランスマップはそれなりの戦闘であったようだ。

4ターン
イタリア戦線をSn氏が担当。
ターンオーバーとOHLで、Sn氏が逆襲に出る。
これにより大きく開いた突破口が塞がる。




1918年4月頃終了

使用選択ルール:推奨選択ルール

ローカルルール:
SETUPのドイツ軍はデッドパイルの部隊も使用し、足りない分は
使用しない。
HQはユニットの一番上に載せる。
西部マップの山岳地帯は攻撃不可とする。


今回のメモ:
トルコは1124を取られると崩壊する。
トルコとブルガリアが崩壊するとAHが崩壊する。


posted by かげ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。