2005年09月26日

激○ン(GJ)の戦い@YSGA2005.9.25

ソ連:yagiさん
独逸:わし

第6ターンに、35ポイントオーバーでソ連軍のサドンデス勝利。

ハリコフ方面の崩壊が予想以上に早く
投入した部隊が次々と全滅した。
(このあたりどうにかしないと崩壊が避けられない。)

第6ターンには、補給線を切られてほとんど部隊が補給切れになった。

yagiさんから、色々な技を教えてもらった。
次回には使用してみたい。

ルールと戦い方をほとんど忘れていてダメだった。
posted by かげ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

ストームオーバー関ヶ原ルール第38版

改訂した。
今回は、だいぶ改訂の間隔が開いた。
大規模改訂だった。
用語の変更等を行った。

ユニット・マップ・チャートにあわせて
小規模改訂を近々行う予定。
posted by かげ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

武田盛衰記(ツクダ)@池上会館

E氏、織田・徳川
わし、武田

第5ターンまでプレイ。

改めて、合戦ゲームのあり方の難しさを痛感した。

PS
このゲームは、長篠と三方が原の2in1

長篠のゲームって既に存在していたのね。

三方が原のゲームはないと思っていたら存在していた。

武田盛衰記-長ツ.jpg
posted by かげ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1918(CJ)@池上会館

E氏、連合軍
わし、独軍

第1ターンの浸透移動により英軍の全てが補給切れとなる。
WW2並の展開で、パリ方向の中央部に大穴が開き、第3ターンに連合軍投了。

教訓:連合軍のセットアップは、よく考えないと崩壊する。

(ケータイカメラの画像なので細長い)

1918-1.jpg

1918-2.jpg
posted by かげ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

Chit Driven System

チットドリブンシステムという呼称を提唱したい。
恐らく世界初である。
単にチットシステムというだけではダメなのか?

チットのウォーゲームでの使用法には3種類がある。
1.チットドリブン
2.不確定戦力マーカー
3.イベント等のランダムチット

ちなみに関ヶ原もチットドリブンである。

ところで、カードドリブンシステムの頭文字がCDSで
チットドリブンシステムも同じになってしまう。

そこで、カードドリブンシステムはCdDSとし
チットドリブンシステムはChDSと表記することにする。

Chだとクリティカルヒットも彷彿とさせ
クールだ。

ChDSを文章中にさりげなく入れることによって
スマートでクールな知的ナイスミドルを
演出できること間違いない(そうか?)
posted by かげ at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォーゲームコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

パウルス第6軍(SA)@YSGA

念願のP6をプレイすることが出来た。

独軍:BB氏
ソ軍チル河方面:O氏
ソ軍スターリングラード方面:わし

第4ターンまでプレイ。
ソ連、やや優勢か。

なかなか面白い、やりがいのあるゲームだと感じた。

ドイツ軍が攻撃しても損耗しないというのは
やりすぎだと感じた。
しかし、これが独特の味を出している。
勝利条件を見るとドイツはソ連をチル河から叩き出す必要がある。
ここでもし損害が出るようなシステムだと
独軍は攻撃を絞らざるを得ない。
しかし損害はでないので、全面反攻が可能であろう。

チル河を渡河したソ連軍に低比率で襲いかかる独軍が
目に浮かぶ。

ということで、通しでプレイすれば
妥当なシステムと感じられるかも。

あるいは、鈴木銀一郎イズムの反映なのだろうか。
(デザイナーズノートは、あまり読んでいない。)

SP1,SP2(Gamers)よりも、面白い。

わし的には、このテーマのベストゲームである。
(他に同テーマのゲームがあるのかどうかを知らないが)

SIX ANGLES 第10号付録ゲーム『パウルス第6軍』
posted by かげ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

関ヶ原・GJ次号で発売決定!

制作中の関ヶ原ゲームが、12月1日発行のGJ次号で発売が決定した。

タイトルは、ストームオーバー関ヶ原になっている。
うーむ。
そのままやんけ。
ストレートでわかりやすいが、捻りがない気がするが・・・。

この名前で正式決定なのだろうか。
もうちょっとすれば、わかる気がする。

原稿を(わし的には)いっぱい書かなければならない。
ルールの改訂もしないと。
テストプレイも。

いろいろとちょっと大変。
posted by かげ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 関ヶ原(同人?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。